神経ブロック注射・はり治療による痛みの緩和・解消|浅草橋しのはらペインクリニック|東京都・台東区・浅草橋

〒111-0053 東京都台東区浅草橋2-24-6 浅草橋K・Hビル2F
03-5829-5810
WEB予約
ヘッダー画像

痛みの治療

神経ブロック注射・はり治療による痛みの緩和・解消|浅草橋しのはらペインクリニック|東京都・台東区・浅草橋

神経ブロック注射

神経ブロック注射はこのような方へオススメです

  • 薬を飲んでいるが、効いていない
  • あまり薬を飲みたくない
  • 痛みを早く取ってほしい
  • マッサージや電気治療による効果が乏しい
  • 入院や手術をするために長期間休めない
  • いずれ手術と言われているが、それまでの痛みを和らげたい
  • 手術をしたけど、痛みが残っている

当院では可能な限り超音波(エコー)検査を行いながら、正確かつ安全に神経ブロック注射を行います。

代表的な神経ブロック注射

星状神経節(せいじょうしんけいせつ)ブロック

対象疾患:肩の痛み、首や腕の痛み、頭や顔の痛み、帯状疱疹の痛み、突発性難聴、顔面神経麻痺など 自律神経の一種である交感神経のうち、頭、顔、肩や腕に分布するものの一部を星状神経節といいます。 首の近くにある筋肉内に局所麻酔薬を注入することで、星状神経節の興奮を抑え、痛みをリセットすると同時に血流の改善を図ります。

硬膜外(こうまくがい)ブロック

対象疾患:首や腕の痛み、腰や下肢の痛み、帯状疱疹の痛みなど 脊髄を取り囲んでいる一番外側の膜を硬膜といい、硬膜と靭帯との隙間のことを硬膜外腔といいます。脊髄神経の近くである同部位に局所麻酔薬を注入することで、神経の興奮を抑え、痛みをリセットします。

神経根(しんけいこん)ブロック

対象疾患:首や腕の痛み、腰や下肢の痛み、帯状疱疹の痛みなど 痛みの原因となっている脊髄神経の周囲に局所麻酔薬を注入し、神経の興奮を抑え、痛みをリセットします。

腕神経叢(わんしんけいそう)ブロック

対象疾患:首や腕の痛み、帯状疱疹の痛みなど 頚椎からの脊髄神経が腕神経叢という神経の集まりを作ります。腕神経叢は首や腕の感覚をつかさどっていますが、その周囲に局所麻酔薬を注入し、神経の興奮を抑え、痛みをリセットします。

腰神経叢(ようしんけいそう)ブロック

対象疾患:腰や下肢の痛み、帯状疱疹の痛みなど 腰椎からの脊髄神経が腰神経叢という神経の集まりを作ります。腰神経叢は腰や下肢の感覚をつかさどっていますが、その周囲に局所麻酔薬を注入し、神経の興奮を抑え、痛みをリセットします。

その他の神経ブロック注射として、三叉神経ブロック、後頭神経ブロック、肩甲上神経ブロック、仙腸関節ブロック、トリガーポイントブロックなどを行っております。

超音波(エコー)検査による痛みの部位診断と注射治療

このような症状があればご相談下さい

  • テニス肘、ゴルフ肘と言われ、湿布などの治療を受けたけど、良くならない
  • 膝が痛くて変形性膝関節症と言われ、関節注射や装具による治療を受けたけど、良くならない
  • 肩の痛みがあり、レントゲンやMRIを撮影したけど大きな異常は指摘されず、また肩の動きもそこまで悪くないけど、ある動作によっては痛みが強い
  • その他、手の腱鞘炎、足の腱鞘炎や足底腱膜炎などについてもご相談下さい

超音波(エコー)検査によってわかること

このような症状の原因として、超音波(エコー)検査でしか見えない神経や滑膜(組織どうしのすべりを良くする袋のことです)などになにかしらの問題があることがわかっております。
当院では超音波(エコー)検査により、このような症状の原因を正確に診断します。
そのうえで、痛みの原因がわかれば、その部位への注射治療を行います。

薬物療法

薬物療法は神経ブロック注射とともにペインクリニックの中心的な治療法です。いわゆる鎮痛薬以外に、痛みの専門的な治療薬として抗うつ薬、抗てんかん薬などを使用します。
抗うつ薬や抗てんかん薬は、本来はうつ病やてんかんに対して使用しますが、ペインクリニックではそれらの薬の持つ鎮痛作用を利用しています。
当院では、痛みの治療を専門としておりますので、患者さんの症状に合わせて最適な治療薬を提案させていただきます。

非観血的肩関節授動術(サイレントマニピュレーション)

このような症状があればご相談下さい

  • 腕を動かさなくてもズキズキと肩や腕が痛い
  • 寝ている時に悪いほうの肩を下にすると、痛くて目がさめる
  • 肩が上がらないので、高いところにあるものを取ることができない
  • 背中に手がまわらないので不便である

当院では長引く肩の痛みである、肩関節周囲炎に対してこの治療を行っております。

肩関節周囲炎とは

肩関節の靱帯や腱などに炎症が起こり、動かす時や夜寝ている時に痛みが生じる状態を肩関節周囲炎と呼びます。いわゆる四十肩や五十肩と言われているものです。通常、肩関節周囲炎の治療としては内服治療や関節腔内注射、リハビリなどを行いますが、一定の割合で痛みと関節の固さが完全に改善しないことがあります。これは、関節を包んでいる関節包という組織が、長い間動かさなかったために、固まってしまい、周りの組織とくっついてしまったためです。 この状態を拘縮(こうしゅく)と呼びます。そうなると、日常生活に大きく支障をきたします。

非観血的肩関節授動術(サイレントマニピュレーション)とは

この治療は、神経ブロック注射による麻酔で肩関節の痛みを感じなくさせ、その間に医師が肩関節をゆっくり動かすことにより関節包の癒着をはがし、肩関節の動きを改善する治療です。 最後に麻酔が切れた後の痛み止めとして、肩関節内へステロイド薬を注入します。 また、ご帰宅後の痛みに備えて痛み止めの薬を処方します。

注意

  • 骨粗しょう症がある場合は骨折のリスクが高いため、この治療を実施できません。骨粗しょう症が疑われる方では、まず骨密度検査などを行ってから治療が可能か判断いたします。
  • 治療後は、麻酔の影響で一時的に腕が動かせなくなるため、お帰りの際は三角巾の着用をおすすめします。そのため、治療当日は車や自転車の運転はできませんので、徒歩や公共交通機関で来院下さい。
  • 治療後は肩関節を動かすことが必須です。麻酔が切れた後はご自身で動かすことが可能となりますので、翌日からはしっかりと日常生活でも使用して下さい。